本文へスキップ

名古屋めしの代表格「うなぎのひつまぶし」徹底解剖。

鰻のひつまぶしについて紹介するサイト『名古屋グルメ(和食)のひつまぶし』

『名古屋グルメ(和食)のひつまぶし』ではひつまぶしについて解説します。

ひつまぶし

  • ひつまぶしとは暇潰しにもにていますが、鰻の蒲焼を使った名古屋グルメの ひとつで鰻の蒲焼をちいさく切ってホカホカご飯と一緒に食べる、愛知県名古屋市 〜静岡県浜松市で有名なお茶漬けのような和食です。 ひつまぶしが産まれたのは明治時代、名古屋市内で始まったとする説が最も有力で、 名古屋市熱田区にある「あつた蓬莱軒」が発祥といわれています。 ちなみに「ひつまぶし」は、あつた蓬莱軒の登録商標となっています。

ひつまぶしの食べ方

  • 名古屋グルメのひつまぶしは、鰻の蒲焼にも似ていますが食べ方は全く違います。 食べ方というよりも楽しみ方と言うべきでしょうか。 なんとひとつのひつまぶしで3つもの違った味の鰻料理を味わえるのです。 普通のうな重では一通りの味しか味わえないことを考えると、なんともお得で 革新的な鰻料理なのでしょうか。 さらに3つの味を自分で比べて、その中で気に入った方法を最後にもう一度、 4回目として食べることも出来てしまう至れり尽くせりの贅沢なシステムに なっているのです。
キッチンリフォームを名古屋で
株式会社コリーナはフルオーダーで自分だけのオリジナルキッチンをご提供します。
お気軽にお問合せください。TEL:0561-76-4121
http://www.collina.co.jp/

ひつまぶしの誕生

  • 名古屋グルメとして有名なひつまぶしも、今では全国区のグルメとなりました。 明治時代名古屋で誕生したとされるこのひつまぶしの元祖は明治6年に創業 したあつた蓬莱軒(本店は名古屋市熱田区)といわれていますが、名古屋市中区錦 にあるいば昇という説もあります。 名古屋市は江戸時代から鰻の消費量が多いこともあり、現在の中区錦あたりには 蒲焼町という地名もあったほどですし、鰻の食べ方もこのあたりから進化 をしているのでしょう。 ちなみに「ひつまぶし」は、あつた蓬莱軒の登録商標となっています。

ひつまぶしレシピ

  • ご家庭でも名古屋グルメのひつまぶしを味わえるよう、簡単なレシピを紹介します。 食べやすくて夏バテ対策にも効果的なので、晩御飯にでも振舞えばきっとご家族 のみんなも喜んでくれるでしょう。 ちょっとしたお祝い事があった際にもピッタリの料理ですし、覚えてしまえば とても簡単なのでぜひ皆さんも挑戦してください。 ただしひつまぶしは作り方だけでなく食べ方も重要ですので、調理が完成した だけでは100点とはいきませんので油断しないように。
飲食系居抜き物件を探す
名古屋のテナント・貸店舗・貸事務所情報が満載。
人気の居抜き物件も豊富にあります。
http://www.tenant-life.com/

ナビゲーション

東山デンタルクリニック
http://www.higashiyama-dc.jp/
名古屋市千種区の歯医者。
一般・小児歯科、矯正歯科。
TEL:052-781-5520
東山公園駅より徒歩3分。