本文へスキップ

名古屋のおいしいひつまぶしってどんな食べ物?

ひつまぶし

名古屋のひつまぶし

名古屋グルメ(和食)のひつまぶし/名古屋のひつまぶし

天然の鰻は名古屋市の木曽川で手に入りやすいということもあり、ひつまぶしは 昭和20年代からこのあたりの和食屋・料理店で出されてきました。 ひつまぶしは鰻の蒲焼を細かく切っており、名古屋でひつまぶしがメニューに 載っているお店で注文すれば当然1人分の鰻とご飯、薬味が出てきますが、 当時の形式は会席の締めに大きなお櫃(ひつ)の中に人数分のご飯と鰻の蒲焼きを 入れて混ぜ合わせたものを出し、それぞれのお茶碗によそって食べていました。 お酒とおつまみを楽しんで締めにお蕎麦、飲み会の後に食べるラーメンのような ものでしょうか。 ですがご年配の方などはお酒が進んでいろいろとつまんでいるとお腹も膨れ、 最後に鰻を食べられないこともあったようです。 そこでできるだけ食べやすいようにと試行錯誤し改良を重ねて考え出されたのが、 このひつまぶし、つまりお茶漬けなのです。


忙しいあなたにピッタリの車検。出張車検を名古屋でしています。
安い、簡単、安心の出張車検をぜひ一度ご利用下さい。
http://www.shuccho-shaken.com/

土用の丑の日

食べやすさを追求して考案されたひつまぶしは、食欲の落ちる暑い夏にも サクサクといけるので土用の丑の日とも相性が良いでしょう。 食の細い人でも食べやすいように細く刻んだ鰻と独特の臭いを消すために 出汁の入ったお茶で作るひつまぶしなら、きっと朝からでも食べることができます。 夏バテを回復するスタミナ料理としても滋養強壮の効果を持つ鰻を使った ひつまぶしは優れているのです。 赤福やういろう、きしめんなども名古屋市グルメとして有名ですが、その枠を 超えた素敵な魅力をひつまぶしは持っています。 地元の人達は当然ながら日常的に食べているものですし、名古屋に来た記念に 食べていこうか、だけではなく、疲れやすい人やグルメを自負している方、 和食にはうるさい方なんかにも定期的に味わっていただきたい一品です。


名古屋市から全国区へ

初めてひつまぶしを見ると、どうして焼きたての鰻にお茶を掛けちゃうのか、 せっかくの香ばしい鰻が台無しになってしまうのに、と驚く方もいます。 名古屋グルメとしてテレビ番組でも幾度となくとりあげられてきましたが、 もったいない、何を考えているんだ、といった反応が多かったのは事実です。 そうそう鰻を食べる機会のない地域では鰻を味わって食べたい、という思いから このような発想は考えられないのでしょう。 身近に鰻がある名古屋だからこそ鰻のお茶漬けが産み出されたともいえます。 鰻の産地であるがゆえ、土用の丑の日にしか食べないものでもなく、 ちょっと豪華な外食としてちょくちょく鰻は選ばれるのです。 ですがテレビで紹介されるうちにそのおいしさに気付き、グルメに定評のある タレントが絶賛するようになると、この名古屋グルメも全国的に認知されるように なっていきます。 今ではこのメニューを載せている鰻屋・和食屋は愛知県に限らずあちこちにあり、 どこでも気軽に(お値段さえ気にしなければ)食べることができます。